1. HOME
  2. 医療・介護施設の方
  3. サービス・機能紹介
  4. 在宅ケア支援サービス

在宅ケア支援サービス

多職種間での連携をすることができます。

①在宅ケア情報共有サービス

在宅ケアが必要な方の情報を多職種間で共有することができます。
タブレット端末を利用して、訪問先でバイタル等の入力や情報の確認ができます。

注)患者さんの参加同意及び在宅ケアに関する情報共有の同意が必要です。

②認定情報提供サービス

介護保険者が保有する認定情報を居宅介護支援事業所等に提供する事ができます。

③ケアプラン交換サービス

居宅介護支援事業者と介護サービス事業者間で、サービス計画とサービス実績のデータを交換する事が出来ます。介護ソフトと連携しています。

① 居宅介護支援事業所

  • サービス提供票の予定データを介護システムから出力し、介護サービス事業所へ送信
  • 介護サービス事業所から送信されたサービス提供票の実績データを、介護システムへ反映

② ①以外の介護サービス事業所

  • 居宅介護支援事業所から送信されたサービス提供票の予定データを介護システムへ反映
  • サービス提供票の実績データを介護システムから出力し、居宅介護支援事業所へ送信

お使いの介護ソフトがまめネット未対応の場合でも、以下の運用は可能です。

  • まめネットで受信したサービス提供票の印刷(介護システムへは手入力)
  • まめネット画面からサービス提供票のデータを入力して送信

まめネット対応介護ソフト ※ソフト名の50音順

  • CareWORKS21[ケアワークス21](株式会社テクノプロジェクト)
  • 千鶴(西日本オフィスメーション株式会社)
  • 福祉見聞録(株式会社東経システム)
  • ほのぼのNEXT(NDソフトウエア株式会社)
  • ゆう!ケア(株式会社フォーエヴァー)
  • ワイズマンシステムSP(株式会社ワイズマン)