1. HOME
  2. 医療・介護施設の方
  3. サービス・機能紹介
  4. 連携カルテサービス

連携カルテサービス

医療機関等に分散している患者の診療情報について、患者さんの同意を得た医療機関(病院・診療所・調剤薬局・訪問看護等)がまとめて閲覧することができるサービスです。

連携カルテ表示例

連携カルテサービスでは、医療機関同士でカルテやプロファイル、検査履歴・結果、レポートなど各種診療情報を患者さんの同意のもと、登録(提供)/閲覧することができます。

参考:まめネットの非常時対応について

非常時には、建物倒壊、停電、ネットワーク切断等によりカルテ情報が閲覧出来ず、診療に支障を来すおそれがあります。

まめネットに参加している医療機関等では、(1)情報提供機関(病院)については、非常時バックアップサービスを利用することにより中継サーバに蓄積されたデータのバックアップを行うことができます。また、(2)診療所等については、施設外のデータセンター内の共用中継サーバにデータをアップロードしているため、データセンターが稼働していれば、非常時にもカルテ情報が閲覧できます。

非常時の備えにもなるという視点を踏まえ、積極的なサービス利用・データ出力をお願いいたします。

参考:SS-MIX2仕様による連携の実績がある診療所電子カルテ及びレセコン
※社名の50音順、連携が可能な項目については各社にお問い合わせ下さい

  • 株式会社EMシステムズ「MRN」
  • 株式会社ビー・エム・エル「Medical Station QUALIS」
  • 日本医師会ORCA管理機構株式会社「日医標準レセプトソフト(ORCA)MI_CAN(みかん)連携」
  • 株式会社ファルコバイオシステムズ「@home Dr」
  • 株式会社テクノプロジェクト「CIMA Chart」
  • 日立メディカルコンピュータ株式会社「Hi-SEED W3」
  • パナソニックヘルスケア株式会社「Medicom-HRV」
  • 株式会社 湯山製作所「Brain BoxV3」